神奈川県の国体代表選手を決める 予選会も残す所あと1回。

全4回のうち、点数の良かった2試合の合計点で選手を決定します。
正選手3名の枠を争って最終戦まで目が離せません。

また、最終戦は梅雨時期の為波乱が起きやすく、現時点で上位の選手が有利な事は間違いありません。
そこで、第3回までのランキングを作成してみました!

 

【記載方法】
*まだ1試合しか出場していない選手もいる為、最高得点でのランキングとします。

*カッコ内の得点は次に良かった点数です。

*▲は3番手の選手との点数差です。
つまり次の試合で3番手の選手に、この点数差を付けて勝てば
3位枠に入れる、という数値になります。

≪成年女子≫
栄野比/明治学院 599(589)
長網 /長崎国際 560(548)
河西 /明治   554(549)
————————————-
野下 /日体大  548(540)▲6
池谷 /東海大  533(521)▲19

栄野比選手(明治学院)、長網選手(長崎国際) が確定と見て良いでしょう。
最終戦で野下選手が、555点以上で河西選手に勝った場合3位が入れ替わります。
しかし。最終戦は天候が荒れるケースがあります。
最高得点同士で6点のアドバンテージを持つ河西選手が有利な状況ではあります。

2016-05-28
≪少年女子≫
石井 /東海相模    547(—-)
瀧波 /緑ヶ丘  525(504)
前根 /横須賀     522(500)
————————————-
鈴木 /横須賀  518(487)▲5
浅野 /東海相模 506(469)▲16

 

全国選抜ミックス戦優勝の石井選手(東海大相模)は確定、
と言いたい所ですが
まだ1試合しか出場しておらず申請基準をクリアしていないのが気になるところ。
他の選手も団子状態の為、最終戦で530点以上出す選手が出ると
ランキングが一気に入れ替わる可能性があります。
少年女子は最後まで全員にチャンスがあります。

CIMG4243

≪成年男子≫
大貫 /立教大  665(648)
田畑 /横須賀  662(650)
関澤 /慶應義塾 648(583)
————————————-
大井 /慶應義塾 642(—- )▲6
山中 /横須賀ア 612(473)▲36
関口 /東海大  611(599)▲37
木戸 /専修大  609(598)▲39
柳岡 /神奈川大 607(598)▲41
千葉 /明治大  600(—- )▲48
大竹 /横須賀ア 595(578)▲53
長谷川/慶應義塾 594(—- )▲54
安藤 /ユリシーズ  594(578)▲54

 

先日学生日本代表にも選出された 大貫選手(立教大)、
日本記録ホルダーの田畑選手(横須賀ア協)は盤石の体制。
しかし、大本命:日本代表の大井選手(慶應大)を抑えて関澤選手(慶應大)が現在3位にランクイン。

大井選手はまだ1試合しか出場していませんし、
関澤選手も第3戦で583点とやらかしています(笑)

ハンディなしで最終戦に臨む形になります!楽しみですね。

CIMG4534

 

※少年男子は、ほぼ全員が2試合以上出場している為、2回の合計得点で計算しました。

≪少年男子≫
巽  /慶應義塾 1233(623,610)
田中 /東海相模 1217(613,604)
井上 /東海相模 1217(609,608)
————————————-
池田 /横浜   1205(611,594)▲12
山本 /慶應義塾 1198(609,589)▲19
坂巻 /横浜           1176(600,576)▲41
岡本 /慶應義塾 1172(590,582)▲45
本田 /横浜   1168(595,573)▲49
山門 /慶應義塾 1167(586,581)▲50
武藤 /横須賀  1136(574,562)
大竹 /横浜   1132(579,553)
足立 /横須賀  1129(568,561)
本山 /慶應義塾 1126(568,561)
森崎 /慶應義塾   1124(572,552)
三上 /横須賀  1114(563,551)
榎本 /横須賀  1113(568,545)
岡部 /横浜   1110(560,550)
鈴木 /東海相模 1109(568,548)
下田 /横浜   1110(568,552)
宇治 /東海   1105(560,545)

 

全国選抜優勝の巽選手(慶應義塾)はほぼ確定と見てよいでしょう。
しかし伸び盛りの高校生です。
実力的にも、640~650点を最終戦でたたき出す選手が表れてもおかしくありません。(最終戦での大逆転劇は何度もありました)

そう考えると、3位と12点差の池田選手(横浜高)、19点差の山本選手(慶應義塾)だけでなく、8位本田選手(横浜高)、9位山門選手(慶應義塾)あたりまでチャンスは残されています。

(640点くらい射って欲しいなぁ、という国体チームのコーチとしての願望もはいっていますけど)

現実的な計算で、現在4位以下の選手が3位になる条件は下記です。

4位:池田選手 最終戦で「606点以上」で、現3位の選手に勝ること。
5位:山本選手 最終戦で「608点以上」で、現3位4位の選手に勝ること。
6位:坂巻選手 最終戦で「617点以上」で、現3位~5位の選手に勝ること。
7位:岡本選手 最終戦で「627点以上」で、現3位~6位の選手に勝ること。
8位:本田選手 最終戦で「622点以上」で、現3位~7位の選手に勝ること。
9位:山門選手 最終戦で「631点以上」で、現3位~8位の選手に勝ること。

CIMG4537

 

‪‪#‎アーチェリー‬ ‪
‪#‎神奈川‬
‪‪#‎国体‬ ‪
#‎チーム神奈川‬
#神奈川県アーチェリー協会
#横浜高校アーチェリー部