【オリンピック】アーチェリーで世界新記録!驚異の700点。

リオデジャネイロ五輪のアーチェリー男子で、トーナメントの組合せを決める
ランキングラウンドが行われ、韓国の金優鎮(キム・ウジン)選手が700点の世界新記録を達成しました!(72射、720点満点/距離:70M)

驚異的な記録です。

サッカーで言えば4試合連続ハットトリック、
野球で言えばチャップマンの170kmぐらいすごい。

わかりにくいですね(^^;

ざっくり言うと、キム選手は
70M先から72本の矢を射って、全てスイカに命中させたという感じです。
しかも7割以上をさらに中心のリンゴに命中させるという神業・・・。

異次元の記録です。
51kmweJuOjL

この記録がどのぐらい超精度のシューティングか写真にしてみます。
黄色の更に真ん中が10点(12.2cm/リンゴぐらい)

写真 2016-08-07 15 49 08

何回射ってもこの精度を維持している、というのが700点という記録の凄みです。
手を置いてみます。

 

写真 2016-08-07 15 50 37

やばいです。
ちなみに70Mってこんなに遠いです。

スナップショット 1 (2016-08-07 21-19)

 

誤解されがちですが、アーチェリーは、
1本だけ射って小さい的に当てる事ではなく、
延々と射ち続けても外さない事が神髄です。

いつ、いかなる状況でも外す事のないアーチェリー選手を

「シューティングマシン」

と称します。

700点という記録は、まさに
「シューティングマシン」の称号にふさわしいと言えるでしょう。

 

 

<http://rio.headlines.yahoo.co.jp/rio/hl?a=20160806-00000005-yonh-spo>

#アーチェリー
#チーム神奈川
#オリンピック
#リオデジャネイロ
#世界新記録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です