アーチェリー 第10回ワールドゲームズ代表選手決定!

 

★神奈川県の大貫渉選手(立教大)が代表選手に

アーチェリー 第10回ワールドゲームズ大会の代表選手が決定しました。
2017年の7月にポーランド・ヴロツワフで開催される国際大会です。

そこに我らがチーム 神奈川の重鎮 大貫渉選手(立教大)がリカーブ/フィールド部門の日本代表として出場します!

ワールドゲームズ/フィールドアーチェリー

ワールドゲームズは『第2のオリンピック』とも呼ばれています。
オリンピック式種目ではない競技のワールドカップ、といった位置付けで、馴染み深い競技から目新しい競技まで、世界最高峰を争う大会です。

テレビ等で見る機会の多いアーチェリーは“ターゲット競技”と言います。
オリンピックでの活躍も記憶に新しいですね。

今回大貫選手が日本代表に選ばれたのは、
“フィールド競技”と言い、山中を歩き的を射抜いて回る、というもの。

狩猟本能と登山欲を満足させる、アーチェリーの中でも根強い人気を誇る競技です。

崖に向かって射ち上げるようなコースもあるんですよ♪

field_archery_freestyle_recurve

世界フィールド、世界学生に続く代表選出

大貫選手は、今年の “第25回世界フィールド選手権大会” 、“第11回世界学生選手権大会” に続いての代表選出です。
今年のいわて国体でも団体優勝メンバーとして活躍しました。

『世界』という冠の似合うトップアーチャーとして着実な成長を見せています。

活躍に超期待です!!

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a31

 

wg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です